シャンプー後の正しいケアで頭皮のかゆみを予防

リンス、トリートメント、コンディショナーの違いとは

シャンプー後に使用しているリンスやコンディショナーまたはトリートメントがありますが、違いについて理解している方は、もしかしたら少ないかもしれません。違いについて知っておくことで髪の毛への効果に違いがあります。

 

リンス

リンスはシャンプー後の髪の毛の毛先に油分を補うために使用します。ロングヘアになると頭皮からの皮脂が行き届かないためキシキシとした感触になってしまいます。

 

そのため、水分の蒸発を防ぎつつ油分を補う目的があります。そのため、髪の毛表面にコーティングされるだけで、内部まで浸透するなどの影響はありません。

 

トリートメント

トリートメントはリンスと同様の効果も期待できます。そして、リンスとの大きな違いは毛髪の内側にまで栄養成分が浸透します。タンパク質などの成分がメインでダメージがある髪の毛やダメージを予防するために働きかける事ができます。

 

コンディショナー

コンディショナーもリンスと同じく毛髪の表面をコーティングします。しかし、リンスよりもより一層髪の毛表面を整えていく働きがあります。スタイリングのしやすさやしなやかな感触などの効果が期待できます。

 

そして、コンディショナーも表面にのみ作用して、内部に浸透していく効果はありません。

 

そのため、トリートメントの場合は、浸透させるために時間を置く場合があります。しかし、リンスやコンディショナーをつけて時間を置く・・と言う方がいますが内部への影響が無いため、意味がありません。メーカーによって特徴は異なりますが、基本を押さえておけば商品選びも楽になるかもしれませんね。